スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタログとか兄さんとかpixvとかPVとか【雑記・東方・VOCALOID】

09_02_08_03.jpg

例大祭のカタログをゲットしてきました。
売り切れると嫌だったので発売日である本日、とらまで出向いて購入。結構減っていくペースが速かったみたいだったので早めに買っておいて良かったかな。
自分のスペースと同じく初参加のlakuhito君のスペースをチェック。あとはざっと一通り斜め読み。そういえばオンリーに参加するのってひさしぶりだなあとか思い出したり。


KAITO兄さんのねんどろいどは今日無事届きました。そういえば頼んでいたっけって感じでしたが。これで全身360°どこからでも兄さんを描写できる!


昨日bong王に会ってPV用のミク動画を回収してきました。これで素材が全て揃いました。
大佐殿の原画、そしてbong君の動画、どちらにもすごい仕事をしていただきました。・・・すごい漢だ(by不破刃)
本当にありがとうございます。
と、いうわけでその一部をご紹介。

09_02_08_01.jpg

09_02_08_02.jpg

これが動くんですよ奥さん!
そのためにも自分が残りのパート(彩色・撮影・編集)の作業をして形にしなくてはいけません。…プレッシャーです。でも楽しみです。やらねば。


昨日遅くにメッセで大佐殿と絵のこととかpixvのシステムのことなどをあれやこれやと談義していました。とても有意義な語りができたなあと思っています。

結局pixvは評価システムがある限りその呪縛から逃れられないわけで。あの中でどんな絵を晒そうが投稿側の自由だけれども、それをじゃあ等しく評価・閲覧してもらえるかといったらそういうものでないわけで。多くの評価・閲覧してもらうためには今の流行(つまり需要)にあったものを描かなくてはいけなくなり「それって自分が描きたいものじゃねーよ。」といったジレンマに陥るわけで。描きたいものが需要に適合している投稿者や評価や閲覧数が全く気にしない投稿者は問題ないわけですが、全員が東方やおにゃのこを描きたいわけでないしランキング常連の神絵師ではないでしょう。

結局描く側がpixvという場を割り切って利用するしかないと思います。
私個人はpixvの活動はオフの広報の場として割り切って利用しています。いかにイベントで多くの方にスペースに来ていただけるか、そのきっかけになればと思ってあそこに絵を置いています。閲覧数や点数が気にならないといえば嘘になりますが、それより本が多く頒布してほしい、というのが本音ですから(苦笑)

まあつまり何が言いたいかといいますと、pixvでどんな活動をしたいのかが自分の中で明確ならばどんな絵を晒してもいいじゃん!ってことです。自分が大好きなもの、今の流行にひよったもの、躊躇うことはないと思います。そしてそのシステムに抗う必要はないと思います。結局描いて晒すことが絵描きの表現方法だし、何よりスキルの上達になるわけだから。だから評価や閲覧を気にして描いた絵で「そんなの俺の絵じゃねー」って思って卑下するより、見る側をちゃんと意識して描いた絵として自分を評価をしてもいいんじゃないかと思うんです。描くことが重要なんです!

自分が描きたいものと流行とのギャップ。私も数年前に同人活動をしていていわゆる流行ジャンルに抗って創作(つまりオリジナル)ジャンルに移動したことがあります。(正確に言うとそれだけの理由ではないのですが…。)その当時、色々その葛藤で悩んだりもしました。で、結局自分の表現活動をもっと知ってもらうためにもそういうものに抵うより自然と受け入れるほうが楽しいんじゃないかなという結論に至り、現在の同人活動につながっています。


あまりまとまらない文章になってしまいましたが要はpixvもうまく受け入れて楽しく投稿しましょうってことです。閲覧や評価数が低くても気にするな!(と自分を励ましてみるw)
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID
ジャンル : アニメ・コミック

コラボる【PV制作】

miku_pv_back02.jpg
初音ミクアニメーションPVに使われる予定の素材が一つ完成(仮)。おっきいのはpixvに晒してあります。
原画:大佐  クリンアップ:bong  彩色・仕上げ:あーるスズキ  背景花素材:lakuhito

…これぞコラボの底力。大佐殿の原画、lakuhito君の背景、そして影の功労者のbong君のおかげですばらしい素材となりました。

富野監督が「チームワークやスタジオワークは決定的に重要です。」と語っていたことがなんか分かったような気がしました。

これを動画としてなんとかして完成させねば!ねば!

テーマ : VOCALOID
ジャンル : アニメ・コミック

多少回復した【雑記・同人】

kyofu_bikkuri_400.jpg

勢いで完成させました。おっきいのはpixvで確認してもらえば。赤い背景はヘラクライストを思い出します。

週末は冬コミ落選で凹んでいたのですが、大佐殿と話していたら「まあそういうこともあるさ。あせることはない。」って言ってもらえて少し胸のつかえが取れました。確かに最近色々焦っていたかも。ここでもう一度落ち着いて色々考えてみようかと思います。

08_11_02.jpg

で、今日は大佐殿の部屋に押しかけて原画を(無理やり)回収してきました。
色々と無茶してもらって本当に感謝。素晴らしい仕事っぷりです。
PVも頑張って作らねば。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : アニメ・コミック

色指定表


初音ミクキャラクター設定画その1(彩色後)
miku_200_02_400.jpg
初音ミクキャラクター設定画その2(彩色後)
rin_200_01_400.jpg
鏡音リンキャラクター設定画(彩色後)

と、いうわけでクリンアップ後に彩色したのがこれ。彩色担当は私、あーるスズキです。
大きいサイズのデータはpixvを見ていただければ。

デジタル上でクリンアップされた絵をいかに綺麗に効率的に彩色するかを考えた結果、こちらの動画が大変参考になりました。


すごく綺麗に、とまではいかないですが動画で問題ないレベルまでは塗れることができました。
あとはハイライト・カゲの指定してとりあえず仮完成ー。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : アニメ・コミック

キャラクター設定画(クリンアップ)

miku_c01.jpg
初音ミクキャラクター設定画その1(クリンアップ後)
miku_c02.jpg
初音ミクキャラクター設定画その2(クリンアップ後)
rin_c01.jpg
鏡音リンキャラクター設定画その2(クリンアップ後)

と、いうわけでキャラクター設定画を大佐におこしてもらったのですが、次にそれを彩色できるように線を綺麗にしてカゲ指定を塗り分けてもらう作業を動画担当のbong君にお願いしました。
bong君によって線は細く美しく、塗り分ける場所が明確になりました。

ここからは私がデジタル彩色をしていきます。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

あるスズキ

Author:あるスズキ
漫画を描いたり同人誌作ったり。たまにコミケやコミティア等のイベントに参加したりしてます。
マンガボックスで「ヤマト君の彼女はD少女(ガール)」描いたりしてました。お仕事等のご連絡はsuzuryo3838@gmail.com
まで。

pixiv
イベント参加予定
C91
スペース:T21a
ジャンルは「RWBY」。チームRWBYの新刊を出します。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。